度チェックのブログ

度チェック(Do check)docheck.netのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野生動物がいなければ地球の意味なんてない!地球温暖化対策

野生動物が町に来て大捕り物・・・なんてニュースを見かけることが増えたような気がします。

北海道では熊や鹿、本州ではタヌキ・サル・イノシシだったり、
農家にとっては頭が痛い野生動物の訪問・・・。

作物を食い荒らす害獣と言われていますが、熊なんかの野生動物との遭遇は命の危険さえあります。
でも、たまに人間の住む環境には不似合いな彼等を見かけると、

元々は彼等の土地だったんだろうな・・・と思ってしまいます


人間を見るとさっと姿を消す野生動物たちにとってはきっと人間が害獣なんだろうなぁ・・・って。

sizen.jpg


少し前のジブリ映画の山犬たちと人間の戦いは動物目線の今の環境問題のようです。

でも私は主人公の少年のような立場も取れなくて、完全にタタラ場派


森林伐採するのも人間
緑を植えていくのも人間
動物を山へ山へと追いやるのも人間

保護するのも人間。


自然界の生態系はピラミッドの関係で野生の均衡が保たれていて、
それを崩さずに人間が入り込むならせいぜい1万人くらいでいいのかもしれないのに、
地球上は約60億人もの人口に埋めつくされていてピラミッドは総崩れです。


今では毎日100種の生き物が絶滅しているとも言います。

絶滅の理由は環境破壊なのか、
病気の流行なのか理由もそれぞれですが、
マンモスの時代から人間が関わって絶滅していった生き物がいるのは確実です。


ホッキョクグマは地球温暖化の影響を受けている生き物の代表のようです。


北極の氷が解けると氷の下に隠れているアザラシも少なくなるので
ホッキョクグマの食べるものが減り、母熊が痩せ、仔熊の生存率にも影響がでているという話も聞いたことがあります。

hokkyoku.jpg


地球温暖化の影響を受けるのは野生動物ばかりではなく人間にも及び、

オセアニアにある海抜5mの島国『ツバル』は地球温暖化の影響を受け国の存在の危機に直面しているのです。


地球温暖化はいくつかの原因がありますが、影響要因のひとつとして温室効果ガスが最も知られていますが、

地球温暖化に対する取り組みは規模が大きすぎてイマイチ効果がわかりずらかったり、一見環境保護の取り組みに見えても実はあまり意味が無かったり、なかなか難しいなと感じるところがあります。

http://chikyu-ondanka.com/html/08shoene.html


地球温暖化の仕組みや実際の取り組みの効果がもっと一般庶民にもわかりやすくしていくことも、野生動物や地球環境を保全する事に繋がるのじゃないかなぁと思います。


何か出来る事があればいいなと思うこのごろです
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://docheck.blog.fc2.com/tb.php/46-41c92ca0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。